宮沢 裕夫みやざわ ひろお

小児歯科(指導医・専門医・認定医)

患者さまへのメッセージ

小児歯科では初診時年齢 0歳~15歳までの小児を対象に、むし歯の治療と予防、歯並びや噛み合わせの治療、歯のけがの治療、食事指導などを主に乳歯が生えてくる頃から永久歯の歯並びが完成するまでのお口の健康管理と治療を総合的に行います。

小児歯科では様々な治療技術・手段を提供し、歯の病気を治すことにとどまらず、健全な機能を持つ永久歯列、ならびに顎、顔面の発育をはかることを目的として行われ、お子さまの口腔の健康増進を目指しています。

小児歯科の治療範囲

小児歯科では、むし歯治療だけをおこなう診療科と思われがちですが、小児歯科医療に関する高度な専門知識を有する専門医が歯・軟組織(歯肉や舌など)・噛み合わせ・顎関節などの顎顔面口腔系全体の機能や形態の回復と育成、ならびに全身の健康の維持増進に寄与することを目的に診療を行っております。

小児歯科専門医は子どもの心理を理解し、心の負担を少なくして治療を実施できるよう研鑽を積んでいます。また、小児期の口の病気の治療や予防、機能育成を通じて、子どもたち一人一人が健全な永久歯列咬合を獲得できるよう、将来の子供の成長を考えた、長期的な視野に立って治療を進めて行くのが小児歯科の特徴です。

プロフィールこれまでの活動や資格などをご紹介します

所属・資格

医療法人徳真会グループ先端歯科医療研究所 小児歯科技術顧問
神奈川歯科大学 客員教授
日本小児歯科学会 専門医、指導医
日本外傷歯学会 認定医
日本顎関節学会 専門医、指導医
厚生省外国歯科医師臨床修練指導歯科医師

経歴

-日本大学 歯学部 卒業(1973年)