歯周病治療

他院で抜歯と言われた方へ

他院で抜歯と言われて悩んでいる方、不安に感じている方は、当院でセカンドオピニオンを受けてみませんか。 歯周病指導医・専門医が丁寧に検査、診断を行い、患者さま一人ひとりに合った治療計画を立てます。

歯周病の原因

歯周病の原因は、「歯周病菌」です。 歯周病菌は、歯に付着し繁殖してプラークを作ります。 歯周病菌の繁殖を抑えるために、ブラッシングや歯間ブラシ、糸ようじを使ってプラークコントロールをすることが大切です。自分でプラークコントロールできない部分を専門家によってクリーニングしてもらうことも必要となります。

歯周病の症状

歯周病は成人の80%以上の方に症状があります。

歯周病の症状はむし歯と違い、進行してもほとんど痛みが出ず、歯ブラシ時に多少歯ぐきから出血する程度です。そのため、自分が歯周病にかかっているのか、歯周病の症状が悪化しているのかさえも気付かない方がほとんどです。

歯周病は歯を失う一番の原因となります。

歯周病はとても怖い病気で、みなさんが気づかない間に時間をかけて進行し、自覚症状が出る頃には、感染している歯は重症化していることが多いのです。また、1本の歯にとどまらず、他の歯も感染している場合がほとんどです。重症になった歯は、残すことが難しくなるので何本も抜かないといけない場合もあります。

進行別の症状

1. 健康な歯ぐき

歯ぐきがしっかり締まっている/明るいピンク色をしていて、弾力がある/ブラッシングなどによる出血はない

2. 軽度歯周病(歯肉炎・軽度歯周炎)

歯ぐきに赤いところが出てくる/歯を磨くと出血する/歯が浮いた様な感じがする/歯ぐきにかゆみを感じる

3. 中等度歯周病

歯ぐきが時々赤く腫れて痛む/歯ぐきから血や膿が出ることがある/口臭が気になる/冷たい物を食べると歯がしみる(知覚過敏)

4. 重度歯周病

歯ぐきがブヨブヨして血や膿が出る/歯がぐらぐらする/口臭がひどい/食べ物が噛みづらい

歯周病の検査方法

レントゲン検査

歯の周り、とくに根と骨との関連を見るために、レントゲン撮影をして目に見えない歯の周りの状態を調べます。

歯周組織検査

歯ぐきや骨などの状態を調べます。調べる項目は次の通りです。

  • 歯周ポケット測定…歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットの深さを測ります。
  • 歯ぐきの出血検査…ポケット測定時に出血があるかどうかを調べます。
  • 歯の動揺度検査…歯の揺れの程度を調べます。
  • 根分岐部検査…歯の根っこが分かれている部分に病気があるか調べます。
  • プラークスコア…プラークコントロールの程度を調べます。
  • 歯周病の治療

    歯周病の各種検査を行い、進行の程度に応じ適切な治療を行います。

    軽度歯周病(歯肉炎・軽度歯周炎)

    口腔内の衛生状態を改善するためのプラークコントロール指導と、歯石除去を行います。

  • プラークコントロール(歯磨き指導、保健指導)
  • 歯ぐきより上にある歯石の除去
  • 中等度歯周病

    口腔内の衛生状態を改善するためのプラークコントロール指導と、歯と歯ぐきの間にある歯石除去を行います。また、歯の表面に歯石がつきにくくなるように、歯の表面を専用の器具で平滑にします。

  • 歯と歯ぐきの間にある歯石の除去
  • ルートプレーニング
  • 重度歯周病

    口腔内の衛生状態を改善するためのプラークコントロール指導と、歯石を取るための手術や顎の骨を作る手術を行います。

  • プラークコントロール(歯磨き指導、保健指導)
  • 歯周外科治療
  • 治療後の再検査

    治療が終わると、治癒の状態を確認するために再検査を行います。

  • 歯周組織検査
  • レントゲン検査
  • メンテナンス/SPT

    再検査をして問題がなければ、メンテナンス期間に移行します。約3ヶ月〜6ヶ月ごとに定期検診を行います。

    当院で歯周病治療を受けるメリット

    日本歯周病学会
    指導医・専門医が在籍

    当院では日本歯周病学会が認定する指導医・専門医のドクターが複数在籍しております。経験豊富なドクターですので、安心して歯周病治療を受けていただけます。

    痛みに徹底的に配慮した
    痛くない治療

    徳真会クオーツタワーは「痛くない治療」を目指しています。徹底的に痛みを取り除くために、各種麻酔を取り揃えており、痛みに弱い患者さまやお子さまでも安心して治療を受けられます。

    他には類をみない
    高度な歯科の滅菌設備

    徳真会クオーツタワーには高度な設備をそろえた滅菌室があります。そこでは滅菌専属のスタッフが常に機材を管理しており、患者さまがいつも清潔な状態で歯科医療を受けられる環境づくりをしております。

    専門医のご紹介


    歯周病科(指導医・専門医)

    石川 烈

    先端歯科センター長

    ・医療法人徳真会グループ 先端歯科医療研究所 名誉所長
    ・東京医科歯科大学 名誉教授
    ・東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 特任顧問
    ・AAP(American Academy of Periodontology)名誉会員(日本人3人目)

    詳しく


    歯周病科(指導医・専門医)

    伊藤 公一

    医療法人徳真会クオーツデンタルクリニック院長

    ・医療法人徳真会グループ 先端歯科医療研究所 所長
    ・American Academy of Periodontology
    ・American College of Dentists

    詳しく


    関連記事歯周病治療に関する記事です

    歯科 2017.05.05

    【コラム】糖尿病&歯周病の密接な関係

    糖尿病になると歯周病になりやすい。 歯周病があると糖尿病が良くならない。 ということは昔から言われています。ニワトリが先か、卵が先かというような論争ですが、いずれ…

    歯科 2017.05.05

    【コラム】こんな人は歯周病になりやすい、7選!

    歯周病になるのには、様々な要因があります。一言で言い表すことは大変難しいですが「こんな生活をしているとなりやすいですよ」という要因をご紹介します。 下記のように、一つひとつ…