最新の歯科医療設備

高度な治療を可能にする最新設備

オーラルスキャナ TORIOS

オーラルスキャナの導入により、印象採得(歯型を捉える作業)時の患者さまのご負担が飛躍的に軽減します。レーザー光を当てるだけで歯型をスキャンすることが可能になったため、従来のように大きなお口を開けて印象材(型取りのための材料)を歯に押し当てる必要がなく、短時間で不快な思いをすることなく歯型を捉えることができます。

また、歯型を「モノ」ではなくデジタルデータとして扱うため、歯科技工所に送る際に時間がかかりません。徳真会グループは専属の歯科技工部門を有しおり、診療フタッフとの密な連携体制が整っているため、より迅速に、高精度の歯科技工物をお届けすることが出来ます。

  • 歯型を捉える際の患者さまのご負担が軽減
  • 歯型の情報が必要な治療にかかる時間が大幅に短縮

※ 患者さまのお口の状況により、従来の印象材による工程をとる場合もございます。

CT

顎の骨や歯の形などを3次元的に把握することが可能です。CTを導入することで、横向きに生えている親知らずの抜歯や、インプラント手術などの高度な治療の精度を高めることができます。また、神経が通っている場所などが分かるため、安全性も向上します。

マイクロスコープ

肉眼では確認することができない根管の中の様子など、細部を見ることが可能です。根管治療では、根管内を洗浄して薬を詰めます。その際に、薬が根管の先端までしっかり詰まっていないと病気が再発することがあります。マイクロスコープを用いることで、細部まで確認することができるため、治療の精度が向上します。

オペ室

個室のオペ室を完備しています。インプラント手術などの外科処置の際に使用します。患者さまが安心して手術を受けられるように、空間を広くとり圧迫感がないようにしています。オペ室の入口には、専用の手指消毒スペースを設けており、高度な衛生状態を保っています。