世界トップクラスの技工士集団

歯科技工士をご存知ですか?

お口の中は、髪の毛が一本混入しただけですぐに気がつくほど繊細です。同じように、お口の中に装着される補綴物もほんの小さな誤差が影響します。ミクロ単位の違いで体のバランスを崩したり、誤った素材選択で身体にアレルギーなどの不調が生じます。保険の銀歯であってもお手頃だからと言って油断はできず、自費の白い歯は費用も高く、失敗は避けたいものです。
一方、患者さまの身体に調和した補綴物は身体のバランスを整え、健康を取り戻し、維持させる大切な要素の一つとなります。だからこそ歯科技工士の役割はとても大きいのです。

すぐそばに歯科技工士がいる環境

一般的な歯科医院は、提携先の歯科技工所に技工物の製作を依頼しており、歯科技工士は常駐していません。歯科医院に歯科技工士がいる環境は、実はとても希少です。

あなたの歯はどこで作られているかご存知ですか?

歯科医院の多くは、診療で必要になった患者さまの補綴物や入れ歯などを「歯科技工所」と呼ばれる歯科技工士の製作会社に外注しています。歯科医師が患者さまのお口の情報として型を採取して模型を作り、歯科技工所に情報を送ります。完成したら納期までに歯科医院に完成物が送られてきます。セラミックの白い歯はもちろん、保険の銀歯も歯科技工所で製作されています。

「歯科技工士の存在が見えない」ことの不安

歯科技工所とうまく連携が取れる歯科医院であることは良い医院の要素の一つです。ただ、現実は、ちょっとくらい形が合わなくても歯科医院側で適当に調整してしまったり、安い歯科技工所しか委託しないため製品が粗悪だったり、患者さまの気付かないところに不安要素があります。 また、院内歯科技工士といって、歯科医院に専属の歯科技工士が常駐する場合がありますが、大半は簡単な作業ができる環境しかありませんので、やはり、どこかの歯科技工所に外注をすることになります。

徳真会クオーツタワーでは歯科技工士が常駐

徳真会クオーツタワーの6Fにはコンパクトな歯科技工所を備え、歯科技工士も常駐しています。そこでは歯科技工物を製作するだけではなく、歯科医師が歯科技工士と治療の方針を相談をしたり、歯科技工士が歯科フロアで直接患者さまの歯の色や状況を確認することもあります。
患者さま、歯科医師、歯科技工士の「それぞれの距離が近い」というだけで解決されることが非常に多いため、徳真会クオーツタワーではこの「3者の連携体制」を徹底しています。

目黒には大規模歯科技工センター

歯科技工物の種類によっては、製作に様々な機器が必要となり、6Fの歯科技工所だけでは対応できません。その場合、目黒の大規模歯科技工センターで本格的な製作を行います。

審美歯科の仕上がりは、歯科技工士の腕次第

一般的に審美歯科というと、白いセラミックの詰め物や被せ物を入れるだけ、と考えられがちですが、実はそのクオリティには大きな差が出てきます。歯科医師によるカウンセリング・咬み合わせの設計・形成の技術が十分なのは言うまでもなく、歯の微妙な色や形は歯科技工士のデザインセンスが不可欠です。見た目に自然で美しい、誰が見ても天然の歯にしか見えない様な精度の人工歯を提供できるのが、当院の強みです。

審美歯科へ

「ワールドラボ」について徳真会グループの歯科技工部門

日本の国家資格を持ち、世界的な評価を得ている優秀な技工士が所属する、徳真会グループの技工部門です。

徳真会グループは現在、徳真会クオーツタワーを含め、全国に30以上の歯科医院を展開しています。1982年に新潟で開業した松村歯科がその始まりですが、当初から歯科技工士との連携に大きな価値を見い出し、すでに院内に歯科技工士を抱える体制を採用していました。その後、グループの規模を拡大する中で、院内歯科技工所の枠を超えて、一つの会社「ワールドラボ」として独立をしました。

現在では、東京の目黒の大規模歯科技工センターの他に、新潟、仙台、大阪に歯科技工センターを展開しています。目黒や大阪の歯科技工センターは、セラミックなどの自費の補綴物を中心に製作し、義歯や保険の補綴物などは新潟、仙台で製作されています。

ワールドラボ公式HP