小児歯科

子供の頃から治療を受ける意味

小さい頃の歯科治療を受ける意味は、いくつかあります。

● 歯科に対する苦手意識をなくす

● 定期検診を習慣づける

● 上手な歯みがきの方法を身につける

● むし歯の予防の意識を持つ

● 成長や発育に合わせた口の管理をする

● 不正歯列にならないための顎骨形成を手伝う

このように、子供の頃に受ける歯科治療は、将来健康な口・歯を作るための基礎となります。自分の歯で一生おいしく食べられるように、小さい頃に正しい歯科の習慣を身につけることが大切です。

何歳から?段階における歯科治療

歯科治療は、歯が生え始める約6ヶ月から可能です。子供の歯は、大人の歯に比べて柔らかく、むし歯になりやすいと言われています。むし歯にならないためにも、定期的に検診を受けてクリーニングを行ったり、フッ素を塗ったりすると良いでしょう。

子供がむし歯にならないためには、保護者の方の協力が不可欠です。歯みがきの方法や、食生活の注意点などをアドバイスします。お子さんの歯を守り、健康なお口を作るために、一緒に頑張りましょう。

正しく永久歯が生える環境づくり

永久歯が正しく生えるように、成長の中で歯列や噛み合せに異常がないかをチェックすることが大切です。正しい成長が妨げられている場合は、早めの治療をおすすめする場合があります。

● 乳歯の噛み合せが反対

● 乳歯が抜けない

● 永久歯が生えてこない

● 永久歯の生える場所がない

● 永久歯が変なところから生えてきた

● 指しゃぶりがやめられない

● 顎が歪んでいる

といった心配事があれば、一度ご相談ください。

実際の治療の流れ

治療の基本的な流れは大人と同じです。

小児歯科では、子供が安心して歯科治療を受けられるように、ラバーダムというゴムのマスクをつけることがあります。唾を飲み込むことを我慢する必要がない、誤って治療中の箇所を舌で触る心配がないなど、子供が安心・安全に治療を受けることが可能になります。

当院で小児歯科を受けるメリット怖くない、通い続けられる環境があります。

日本小児歯科学会
指導医・専門医が在籍

小児歯科専門医は、子供の心理を理解し、心の負担を少なくして治療ができるように専門の知識を学んでいます。小児歯科専門医が、将来の子供の成長を考えた、長期的な視野に立って治療を進めていきます。

お子さま連れでも安心の
キッズルーム

おもちゃや絵本などが充実しており、お子さまと一緒に遊ぶことができます。兄弟連れでご来院の場合も治療を受けないお子さまを預けることができますのでご安心下さい。

他には類をみない
高度な歯科の滅菌設備

徳真会クオーツタワーには高度な設備をそろえた滅菌室があります。そこでは滅菌専属のスタッフが常に機材を管理しており、患者さまがいつも清潔な状態で歯科医療を受けられる環境づくりをしております。

関連記事小児歯科に関する記事です

歯科 2017.11.17

6歳~9歳から始める、子どもの矯正治療

あごを積極的に育てて、自然で無理なくきれいな歯並び・かみ合わせをつくるためには、おとなの歯が生えてきて、歯並びが気になり始める6歳から9歳に矯正治療を始めるのがおすすめです。 …

歯科 2017.11.16

4歳から始める予防矯正治療2~トレーナーシステムとは~

前回ご紹介した「4歳から始める予防矯正治療~なぜ予防矯正が必要?」では、きれいな歯並びを目指すためには、6歳より前に矯正を始める必要があることをお伝えしました。今回は、当医院で…

歯科 2017.11.16

4歳から始める予防矯正治療1~なぜ予防矯正が必要か?~

子どもの乳歯から永久歯への生え変わりの時期は、6歳から12歳とされ、人はこの時期に将来の歯並びや顔の容貌が決まるといわれています。この一生に一度しか起こらない大切な時期に備え、…

歯科 2017.05.05

【Q&A】小児歯科(検診につい…

検診についてのQ&A【Q】子供の歯は、なぜ3ヶ月ごとの定期健…

歯科 2017.05.05

【Q&A】小児歯科(歯並び、矯…

歯並び、矯正についてのQ&A【Q】子供が寝ている間によく歯ぎ…

歯科 2017.05.05

【Q&A】小児歯科(虫歯につい…

虫歯についてのQ&A【Q】生えはじめの歯は虫歯になりやすいっ…

歯科 2017.05.05

【Q&A】小児歯科(歯の汚れに…

歯の汚れについてのQ&A【Q】フッ素で歯が黒くなると聞いたの…

12