Menu
MENU
4-5F 青山クオーツデンタルクリニック(総合歯科センター)
7F クオーツデンタルクリニック(先端歯科センター)

味覚障害・ドライマウス治療

患者さまの声

当院にて実際に治療をさせて頂きました患者さまの声を掲載しております。

最初に、症状に気付いた時を教えてください。

別の治療で抗生物質の薬を処方されて以降、症状が発生したと思っております。
最初は自分では気付かず、自分の作った料理を娘が食べ、「塩辛くて食べられない」と言われ、初めて自分の味覚が鈍くなっていることを知りました。
最初にかかりつけの内科で診察してもらうと、「味覚障害という病気かもしれない」と言われ、血液検査をしてもらいましたが、数値上は異常がありませんでした。結局結論が出ず、私自身がインターネットで味覚障害について調べ始めることになりました。

当院を来院したきっかけを教えてください。

インターネットで味覚障害について検索し、診察してもらえそうな医院が4~5件程度見つかりました。
しかし、実際に連絡してみると予約を取るだけで1か月後、検査結果を知ることができるのがそこからさらに1か月後だと言われました。
青山クオーツデンタルクリニックに電話した際には、今日でも明日でもご来院いただければ、検査やカウンセリングをすぐに行えますと聞き、来院しました。しかし、歯医者さんで大丈夫?といった疑問はありました。インターネットで調べた医院は耳鼻咽喉科だったり大きな総合病院が中心だったので、半信半疑ではありましたが、誰にも相談できず、苦しい気持ちをなんとかしたくて、まずは来院しようと思いました。また、その後もう一つ大きな病院も受診しましたが、そこではカウンセリングやお話しする時間はわずか5分程度でした。しかし青山クオーツデンタルクリニックで担当してくれた内田先生は初診の1時間、それ以降も30分以上はお話を丁寧に聞いて下さり、相談できる相手ができたことで、すごく気持ちが楽になりました。その後、東北大学からいらした笹野先生にもカウンセリングを行ってもらい、私の生活習慣や趣味など、薬の服用以外にも味覚障害にかかわる原因はないかしっかりと調べて頂きました。この時も1時間近くお話ししていただきました。私のことをしっかり診ていただいたと実感し、笹野先生、内田先生への信頼感が生まれました。

治療はどのように進みましたか?

昆布だしを使用した自宅で行える治療を勧められました。これも最初は半信半疑で先生の言うとおりに行っておりましたが、続けて2週間が過ぎたあたりから、塩気や甘みを感じられるようになってきました。味が感じられると食べている実感があり、治療前のようなストレスは感じなくなりました。また、その間も内田先生にカウンセリングを行っていただいたこともストレスを軽減できたのではないかと思っております。

治療を始めて普段の生活で我慢すべきことはありますか?

私自身は薬の服用でこうなってしまったと思っておりますが、先生たちは他にも原因はないか、しっかりとカウンセリングの時間を作って対応してくださいました。
その中でご指導いただいたのが、運動についてでした。私は水泳を行いますが、やりすぎないようにとのことでした。しかし泳いではいけないということではなく、泳ぎすぎて身体に過度のストレスを与えないように、少し抑えてくださいとのことでした。そういった普段の生活までしっかりお話を聞いてくださったことが私としても非常にうれしく、支えになりました。

治療を始める前を振り返ってみていかがですか?

9割ぐらい改善されました。また、再び味を感じられるようになって改めて色々な味覚を楽しめるようになり、以前より敏感になったと感じます。また、今思うと治療前はあまりしゃべらなくなっていたように思います。味覚が感じられなくなり、他の感覚も鈍くなっていたような気がします。
治療を通じて笹野先生、内田先生に支えていただいたという実感があります。本当にありがとうございます。

徳真会クオーツタワーのご案内

徳真会クオーツタワーでは、歯科クリニックを中心に医科・美容といった体の検査・メンテナンスを、タワー全体で連携をしながら取り組んでおります。

© 2016 Tokushinkai Group.
お電話
WEB予約