トピックス一覧

5分でわかる唾液検査機!スポットケムST

2017/05/24

むし歯や歯周病の予防にはさまざまなアプローチのしかたがあります。口腔内の状態は人それぞれであり、どのような予防が有効であるかも人それぞれです。唾液検査でお口の状態を知り、むし歯や歯周病のリスクを細かく分析することによって、一人一人に合った予防プログラムをつくることができます。 当院では、そんな予防歯科の第一歩ともいえる唾液検査をたったの5分でできる最新機器「スポットケムST」を導入しております。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの比較

2017/05/20

ホワイトニングを検討したことがある方は「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」という代表的な2つの施術を耳にしたことがあるかと思います。 これらは「自宅で自分で行う」「歯科医院で歯科衛生士などにやってもらう」という違いだけではないんです。 それぞれ、白くする仕組みも、効果も大きく異なります。それぞれの特徴を比較してみましょう! ホワイトニング材の比較 そもそもホワイトニングが目指すとこ

【コラム】ホワイトニングの効果がでにくい歯、5選!

2017/05/05

ホワイトニングは、人それぞれ異なる歯の状態や性質の違いによって、ホワイトニングを行った時の効果に差が生じます。 下記で紹介するのは、ホワイトニングの効果がでにくい歯ですが、場合によっては、ホワイトニングを続けることで効果があらわれることがあります。また、歯を白くする方法はホワイトニングだけではありません。 ホワイトニングを検討される方の予備知識としてご参考になさってください。 効果がでにくい歯 1

【Q&A】小児歯科(検診について)

2017/05/05

検診についてのQ&A 【Q】子供の歯は、なぜ3ヶ月ごとの定期健診が必要なのですか? 【A】お子さまの成長はとても早く、体だけでなくお口の中の環境も日々変化しています。乳歯の時は特にむし歯になりやすく、乳歯でむし歯が多いと、その後に生えてくる永久歯にも悪影響を及ぼします。むし歯の予防以外でも、成長とともに歯並びやかみ合わが日々変化します。歯並びが悪いと見た目だけでなく、歯のみがき残しが多く

【Q&A】小児歯科(歯並び、矯正について)

2017/05/05

歯並び、矯正についてのQ&A 【Q】子供が寝ている間によく歯ぎしりをします。歯並びが悪くならないか心配です。 【A】子供の歯ぎしりはほとんどが一時的なものです。生えかわりで複雑に変化する口の中の状態に、筋肉がまだ順応せずにストレスとしておきていることが多いようです。ただ、あまりにひどいものは、血液の循環を悪化させ、歯周疾患の原因になったり、あごの間接へ負担をかけたりすることがあります。気