矯正歯科

6歳~9歳から始める、子どもの矯正治療

2017/11/17

あごを積極的に育てて、自然で無理なくきれいな歯並び・かみ合わせをつくるためには、おとなの歯が生えてきて、歯並びが気になり始める6歳から9歳に矯正治療を始めるのがおすすめです。 ※8歳以上のお子さまは、子どもの予防矯正装置(トレーナーシステム)のみでは治療出来ません 4歳から始める子どもの予防矯正はこちら こんな場合は子どもの矯正治療をご検討ください 歯がガタガタしてきた お肉を噛み切れない 食事に

4歳から始める予防矯正治療2~トレーナーシステムとは~

2017/11/16

前回ご紹介した「4歳から始める予防矯正治療~なぜ予防矯正が必要?」では、きれいな歯並びを目指すためには、6歳より前に矯正を始める必要があることをお伝えしました。今回は、当医院で使用している予防矯正歯科治療「トレーナーシステム」について具体的にご説明いたします。 4歳から始める予防矯正「トレーナーシステム」とは? 弱い力であごの成長を促しながら正しい歯の生えかわりを助け、歯並びが悪くなってしまうこと

4歳から始める予防矯正治療1~なぜ予防矯正が必要か?~

2017/11/16

子どもの乳歯から永久歯への生え変わりの時期は、6歳から12歳とされ、人はこの時期に将来の歯並びや顔の容貌が決まるといわれています。この一生に一度しか起こらない大切な時期に備え、幼少期から早めに予防治療を行うことで、あごの発育や将来的にきれいな歯並びに仕上げることが可能になります。 では、どのような順番で乳歯(子どもの歯)から永久歯(一生使うおとなの歯)へ生え変わるのかを一緒に見ていきましょう。 記

中井丈生の「おとなの矯正治療」

2017/11/16

矯正治療に興味があっても、装置の見た目や治療に伴う痛みに抵抗があり、なかなか治療に踏み切れなかったという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、そんなお悩みをお持ちの大人向けの矯正治療についてご紹介いたします。歯と歯ぐきが健康の方であれば、70歳台の方でも矯正治療が可能です。 セルフライゲーションブラケットを使用した「裏側(舌側)矯正装置」 審美性に優れた「裏側(舌側)矯正」と、痛みの少ない「

矯正装置(マルチブラケット装置)に関する注意事項

2017/05/05

ワイヤーがあたって痛いとき 歯のねじれや重なりの改善に伴い、ワイヤーの両端(奥歯のワイヤー)が後ろに延び出してくることがあります。ほっぺたや歯肉や舌にあたってお痛みがある場合はご連絡の上お越しください。 ブラケットが外れたとき ブラケットを装着する際、外れないよう細心の注意を払っていますが、硬い食べ物や大きな食べ物を食べた際に外れることがあります。しかし、強すぎる接着剤でブラケットを歯につけてしま


12